研究者のはしっこ ohtaraki2.exblog.jp

身の周りの自然を守ることに対して、研究者は何ができるか。自問自答を繰り返す毎日。


by ohtaraki2
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:調査( 375 )

長者ヶ森の樹木の花

草原の中にポツンとある長者ヶ森。
周りの草原がまだ草が少ないせいで森が目立つのかな。
わりとよく話題に上る。

先日もこの周辺を案内するところだったけど、
このあたりの草原の花は今はそれほど種類がない。

対照的に森にある樹木は花盛り。
いろいろ見てきました。

まず目に入るのはマント群落となっているムベ。


e0295994_12512280.jpg


その次はタブノキ。
この森はタブノキが優占するので、あちこちで見られます。
ちょっと濃いめの香り。
花は雄しべの付け根にある腺点が黄色くめだってかわいい。


e0295994_12562314.jpg

あと派手なのはクロキの花。
これもわりと強めの香り。
葉っぱの付け根にたくさんついています。


e0295994_12572456.jpg

コマユミも森を取り巻くようにぐるっと生えています。
ツリバナだと思ってたけれど、コマユミ、で合ってるでしょうね? (^^;;


e0295994_13070220.jpg


アオキは雄株も雌株も両方見られます。
実と花が同時に見られたりするのでわかりやすいですが
そうでなくても、雄しべのあるなしで区別がつけられます。

こちらは雌株。

e0295994_12584598.jpg
そして雄株。
4つのおしべが飛び出してます。

e0295994_12593578.jpg

シロダモもたくさんあるけど、
花は秋に咲くから、これは若い実。

e0295994_13022781.jpg


クヌギは今から咲きます。
クリーミーな緑がきれいかも。


e0295994_13032786.jpg

ミズキやネコノチチはもう少し先。
その頃には草原の花もさらに忙しくなってそう??



by ohtaraki2 | 2017-04-21 13:07 | 調査 | Comments(0)

タンポポ

今しかわからない、タンポポの区別。

秋吉台の上で結構みるシロバナタンポポ。
西日本には多い種類です。
総苞外片の角状突起が発達し、外片そのものが少し反り返ってます。


e0295994_06313689.jpg

昨日歩道をあるいていて、あれ?と思ったのがコレ。
なんか優しい感じの白花です。
総苞外片の角状突起も目立たず、花の付け根はすっきり。
花軸の毛も少なめです。

キビシロタンポポかな???
自信はなかったのですが、たまたま訪ねて来てくださった方が
詳しい方で、キビシロタンポポだと教えていただきました。
よかった。

e0295994_06270981.jpg

一番よくみていた駐車場近くのもの。
これはどうやらカンサイタンポポのようです。
セイヨウタンポポに比べるとすっきりとした姿。
花色もすこしトーンが落ちて優しげ。


e0295994_06354349.jpg

これが一番よくみるセイヨウタンポポ。
総苞外片が思いっきり反り返ってます。
上からだと白く見えますね〜


e0295994_06413925.jpg

タンポポ調査の報告書を読んだり、持ち込まれた
標本をしげしげ眺めたりしていましたが、やっぱり
咲いている「ナマモノ」を観察できると
全然理解が違いますね〜

いまのうちにいろいろ見られるといいな。



by ohtaraki2 | 2017-04-21 06:25 | 調査 | Comments(0)

誰の仕業か?

さて懸念の穴。
盗掘跡なのか、アナグマの仕業か。

専門家の意見を待つことに。

e0295994_11442783.jpg

e0295994_11450916.jpg




by ohtaraki2 | 2017-04-12 11:42 | 調査 | Comments(1)

焼かなかったところ

e0295994_00215944.jpg


今年、火入れできなかった部分。
やはり焼いた部分よりは芽吹きが遅れてる印象?
スミレ類はやっぱり出てないなあ。

それでも、刈ったところにはいろいろ出てた。
なんとベニヤマタケの大きなのがかなりある。
びっくりした。

e0295994_00215967.jpg


刈ってなくても、オトコヨモギやサイヨウシャジンは
普通に出てきてる。

e0295994_00220093.jpg


ススキも出た。
あとはネザサが再生すれば
焼いたところと同じ感じになるか??

e0295994_00220006.jpg


一年くらい焼かなくても
おそらく大丈夫だとは思うけど確証はなし。
ひきつづき観察します。



by ohtaraki2 | 2017-04-12 00:16 | 調査 | Comments(0)

どんどん咲き始めてます

見つけた時にはもうすでに実になりかかってるヒトリシズカ。。。
ちょっと遅かったか〜

e0295994_16015416.jpg

キジカクシは一番アスパラに見える頃。

e0295994_16022475.jpg

そのそばにはヒロハハナヤスリも。
このあたりはドリーネの底や斜面に多いもの。

e0295994_16030316.jpg

黄色い花は、キジムシロがだいぶあちこちで見られるようになった。
そして、ミツバツチグリが咲き始めた。
早速アブの仲間がやってきてた。

e0295994_16041045.jpg

ワラビも出始めた。
お昼休みに山菜取りに行く季節がやってきた!

e0295994_16044631.jpg

オキナグサは2輪目の花茎が咲き始めた。
こちらの施設前のオキナグサは、まだまだかたいつぼみだけど。

e0295994_16055102.jpg

オキナグサがあるようなところでは、すぐそばに
ムラサキセンブリの芽が。
いろいろ芽生えて楽しい。

e0295994_16071818.jpg

さてこちらはアマナ。
もうさっさと実になってる。この種子を見るのが楽しみ。

e0295994_16075760.jpg

明日から雨だそうだけど、来週早々には
またいろいろ変わってそう。
しばらく目が離せない草原でした。





by ohtaraki2 | 2017-04-05 16:10 | 調査 | Comments(0)

だあれ?

こんなとこに糞をしてるのはだあれ??

e0295994_13171601.jpg


昨日の見回りで発見。
下に落としといたので、今日の雨で質問板も
きれいになってるかな?

動物の担当者に図鑑借りて調べたら、
まあ大きなテンの仕業かなってことに。
テンは動物、植物の両方食べるんですねえ。

by ohtaraki2 | 2017-03-31 13:13 | 調査 | Comments(0)

シーズン到来

いろいろ咲いてきました。
残念ながらヒトリシズカが見あたらないけど。

オキナグサ

e0295994_19514438.jpg


ネザサ

e0295994_19514427.jpg


コスミレ

e0295994_19514501.jpg


スミレ

e0295994_19514557.jpg


アマナ

e0295994_19514503.jpg


キジムシロ

e0295994_19514678.jpg


ニオイタチツボスミレ

e0295994_19514697.jpg


ノジスミレ

e0295994_19514627.jpg


センボンヤリはいまが盛り。

e0295994_10140468.jpg

by ohtaraki2 | 2017-03-30 19:38 | 調査 | Comments(0)

芽生えと開花の確認

そろそろ春の花の確認が必要な時期。
くるっと行ってきました。

山焼き後一番に出てたイチゴツナギ、オトコヨモギは
かなり大きくなってる。
そろそろヒカゲスゲが咲き始めてました。


e0295994_14202746.jpg

サイヨウシャジン。
思ったより早い時期に芽生えるんだなあ。


e0295994_14211521.jpg


ツチグリ。
似た花のキジムシロは山焼き後早いうちに出てきてたので
今はもう蕾をつけてる。


e0295994_14225369.jpg

見つけた! ベニヤマタケ。
ちょっと色あせてるけど、黒い大地を背景にすると
存在感はバッチリ。


e0295994_14240415.jpg

これが咲き始めると草原もにぎやかになります。
センボンヤリ。 ←間違えました。オカオグルマだそうです。
         芽生えについてはまだまだ修業ですね〜 (^^;;
出てきたばっかりの時はクモ毛をかぶっていて真っ白。
かわいい。


e0295994_14262711.jpg

駐車場近くではシロバナタンポポも。
総苞外片の角状突起が見事。
やっぱり標本より実物が見やすいわあ。。


e0295994_14275008.jpg

さて、来週からは一週間に一回くらいは見て回りましょ。
むふふ。

by ohtaraki2 | 2017-03-17 14:32 | 調査 | Comments(0)

マキガイづいてる

本日の化石採集体験では、大学生がマキガイを見つけてました。
それも2つも。いつもはほとんど見つかりません。
サンゴもいつもよりたくさん出てたし、大収穫。

引率の先生方は大学生がどれくらい採集を楽しむか心配だったそうですが
なんのなんの。みなさんとても熱心に探してて楽しそうでした。

昨日の調査でもマキガイ発見。
これは大きな岩の表面ですが。

てなことで、ここのところマキガイづいているのでした (^ ^)

e0295994_15280369.jpg

by ohtaraki2 | 2017-03-15 15:28 | 調査 | Comments(0)

炭の調査

e0295994_08380565.jpg

土壌中の炭の調査に同行しました。
私たちが行っている調査とは若干方法が違いました。

e0295994_08412384.jpg

ドリーネの底の土から出てくる黒色のもの。
お世話をされている地元の先生は、山焼きの起源が知りたいと
言われていましたが、大学の先生の方は、燃えてできた炭と
植物の根っこなどが炭化したものとを区別する処理は
していないようです。

ただ、土の中に埋まっている破片の細胞を立体的に観察して
植物の種類まで見当がつけられるというのはおもしろいです。

ご研究の進展を待ちたいと思います。


by ohtaraki2 | 2017-03-15 08:41 | 調査 | Comments(0)