研究者のはしっこ ohtaraki2.exblog.jp

身の周りの自然を守ることに対して、研究者は何ができるか。自問自答を繰り返す毎日。


by ohtaraki2
プロフィールを見る
画像一覧

<   2017年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

長者ヶ森の樹木の花

草原の中にポツンとある長者ヶ森。
周りの草原がまだ草が少ないせいで森が目立つのかな。
わりとよく話題に上る。

先日もこの周辺を案内するところだったけど、
このあたりの草原の花は今はそれほど種類がない。

対照的に森にある樹木は花盛り。
いろいろ見てきました。

まず目に入るのはマント群落となっているムベ。


e0295994_12512280.jpg


その次はタブノキ。
この森はタブノキが優占するので、あちこちで見られます。
ちょっと濃いめの香り。
花は雄しべの付け根にある腺点が黄色くめだってかわいい。


e0295994_12562314.jpg

あと派手なのはクロキの花。
これもわりと強めの香り。
葉っぱの付け根にたくさんついています。


e0295994_12572456.jpg

コマユミも森を取り巻くようにぐるっと生えています。
ツリバナだと思ってたけれど、コマユミ、で合ってるでしょうね? (^^;;


e0295994_13070220.jpg


アオキは雄株も雌株も両方見られます。
実と花が同時に見られたりするのでわかりやすいですが
そうでなくても、雄しべのあるなしで区別がつけられます。

こちらは雌株。

e0295994_12584598.jpg
そして雄株。
4つのおしべが飛び出してます。

e0295994_12593578.jpg

シロダモもたくさんあるけど、
花は秋に咲くから、これは若い実。

e0295994_13022781.jpg


クヌギは今から咲きます。
クリーミーな緑がきれいかも。


e0295994_13032786.jpg

ミズキやネコノチチはもう少し先。
その頃には草原の花もさらに忙しくなってそう??



by ohtaraki2 | 2017-04-21 13:07 | 調査 | Comments(0)

タンポポ

今しかわからない、タンポポの区別。

秋吉台の上で結構みるシロバナタンポポ。
西日本には多い種類です。
総苞外片の角状突起が発達し、外片そのものが少し反り返ってます。


e0295994_06313689.jpg

昨日歩道をあるいていて、あれ?と思ったのがコレ。
なんか優しい感じの白花です。
総苞外片の角状突起も目立たず、花の付け根はすっきり。
花軸の毛も少なめです。

キビシロタンポポかな???
自信はなかったのですが、たまたま訪ねて来てくださった方が
詳しい方で、キビシロタンポポだと教えていただきました。
よかった。

e0295994_06270981.jpg

一番よくみていた駐車場近くのもの。
これはどうやらカンサイタンポポのようです。
セイヨウタンポポに比べるとすっきりとした姿。
花色もすこしトーンが落ちて優しげ。


e0295994_06354349.jpg

これが一番よくみるセイヨウタンポポ。
総苞外片が思いっきり反り返ってます。
上からだと白く見えますね〜


e0295994_06413925.jpg

タンポポ調査の報告書を読んだり、持ち込まれた
標本をしげしげ眺めたりしていましたが、やっぱり
咲いている「ナマモノ」を観察できると
全然理解が違いますね〜

いまのうちにいろいろ見られるといいな。



by ohtaraki2 | 2017-04-21 06:25 | 調査 | Comments(0)

春の探検

e0295994_01185193.jpg

探険、探検。
ふた通りの字があるのか。

この季節、いろいろ芽吹き始めるけど
まだ草丈は高くないので、いろんなところを歩き放題。

この春は湧水を探そうと目論み中。
今日で3箇所クリア。
知ってるところはもういいので、
探索するのはあと3箇所。

今日はそれ以外にも外を回る用事ができたので
全部の歩数は20,000歩を超えた。
さすがに疲れた(^_^;)


by ohtaraki2 | 2017-04-19 01:13 | お勉強 | Comments(0)

ありがちな対立

これはこの地域でも聞かれる説。
学芸員が、学者がいるから何も進まない、できないって。

でも、自然を活用するのに、その自然を説明できる人、
素材となる部分を提供する人間がいないと
そもそも何もできないよ??

国定公園や天然記念物じゃなかったらいろいろできるのにという
言葉も聞くけど、指定されてなかったらきっと鉱山になっていて
どんどんなくなっちゃう。そもそもこの自然は残ってなかった。

今回の「観光マインド」の問題は、学芸員の存在が問題なのではなく
学芸員の生み出す知識や情報を観光資源に仕立て直す役割の人が
いないことが問題だと思う。
翻訳者というか、サポートスタッフというか。

考え方があまりに安易ですわよ、大臣。




by ohtaraki2 | 2017-04-17 12:00 | ひとりごと | Comments(0)

あちこちで!

砥峰高原でも!
ほんとに今年の山焼きはどうなってるんだろ???




by ohtaraki2 | 2017-04-17 01:21 | ひとりごと | Comments(0)

誰の仕業か?

さて懸念の穴。
盗掘跡なのか、アナグマの仕業か。

専門家の意見を待つことに。

e0295994_11442783.jpg

e0295994_11450916.jpg




by ohtaraki2 | 2017-04-12 11:42 | 調査 | Comments(1)

そういえば

大学、大学院の頃は瀬戸内海の島の研究者だった。
やっぱり好きだわ〜〜

e0295994_11380628.jpg





by ohtaraki2 | 2017-04-12 11:37 | ひとりごと | Comments(0)

焼かなかったところ

e0295994_00215944.jpg


今年、火入れできなかった部分。
やはり焼いた部分よりは芽吹きが遅れてる印象?
スミレ類はやっぱり出てないなあ。

それでも、刈ったところにはいろいろ出てた。
なんとベニヤマタケの大きなのがかなりある。
びっくりした。

e0295994_00215967.jpg


刈ってなくても、オトコヨモギやサイヨウシャジンは
普通に出てきてる。

e0295994_00220093.jpg


ススキも出た。
あとはネザサが再生すれば
焼いたところと同じ感じになるか??

e0295994_00220006.jpg


一年くらい焼かなくても
おそらく大丈夫だとは思うけど確証はなし。
ひきつづき観察します。



by ohtaraki2 | 2017-04-12 00:16 | 調査 | Comments(0)

タダ乗り反対!

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by ohtaraki2 | 2017-04-09 15:54 | 頼まれごと

廃人化

最近、夜にすぐ廃人化する。
そんなに疲れてる感じではないのに
22時前には思考停止。

だから、夜に何か言われても
何も覚えてない。
言ったやん! と家族に責められること多数。

パソコン画面を見てても
いったい何をやってるのかさえ
わからなくなる。
横になるとそのまま朝方まで爆睡。
もぞもぞ起き出していろいろ片付けて
今度は布団にもぐりこむ。

老化かな〜?
少しパフォーマンスを落とした
新しいペースを作る時期なのかな?
やれやれ。


e0295994_09294601.jpg



昨日みたコショウノキ。
久しぶり。
外に出かけるといろいろ洗い流されて
気分が良くなる。
いい季節だわ〜〜(^.^)


by ohtaraki2 | 2017-04-08 09:25 | ひとりごと | Comments(0)