研究者のはしっこ ohtaraki2.exblog.jp

外来植物テロ

e0295994_13211745.jpg

植物テロに遭った気分。
セイタカアワダチソウ3mのヤブ漕ぎは想定内。

でも2m近くのアメリカセンダングサの種子シャワーを頭から浴びたり
オオオナモミ密林でトゲトゲのひっつき虫の総攻撃を受けたり
クサイチゴの小さくて硬いトゲによる膝頭の集中攻撃は予想してなかった。

調査の労力よりも、移動することに体力と気力を使う調査。
その上にクマの気配がないかちょっとビクビク。
一人じゃなくてほんとにありがたかった。

どうにか今回の調査はミッションクリア。
あとは植生分布図をどうやって描くかだな〜


# by ohtaraki2 | 2017-11-06 13:24 | 調査 | Comments(1)

勘違いしてないかい?

自分も含めてのいましめ。

私ら研究者が何を調べようと、どんな結果を出そうと
一般市民にはほとんど関係がないってこと。
すごいね〜、とか、へぇ〜、とは言われるけどね。

たとえ新発見の洞窟があろうと、新しい動物や化石が見つかろうと
外来種だらけの場所がもとのきれいな草原に戻ろうと
住んでる人たちの日常の生活には何も関係ないってこと。

その意味では研究者は無力です。
研究成果をうまく利用したい行政や業者、政治家なんかには
便利な存在だろうけど。

私らが自分たちの調査で疲れてヘロヘロになっても、
論文が書けたと喜んでも、結局は閉じた世界の出来事。
しんどければやらなくてもいいんじゃ??と軽く言われる世界。

ここにいると時々、私もみんなも天狗になってる気がする。
研究者じゃない人との接点が少なすぎるから、外の世界のことを
忘れてしまいそう。
何やってんのあの人たち、と、外にいたころ私も思っていた
世界に今はどっぷり入ってる。

私たちのやってることは「へぇ〜」という言葉をもらう以外は
価値がないと思う時があって、時々背中が凍る。
これでお金をもらえてるだけマシ、だな。


# by ohtaraki2 | 2017-11-03 23:37 | 調査 | Comments(0)

情報隠ぺいは誰のため?

クマが秋吉台周辺の山林に生息していて
時には草原にも出てくるという情報は行政は認めない?観光に関わる組織は情報を隠してる。

理由は、観光客が減るから、とその方々はおっしゃる。
観光客が減ると、行政や業者の収入が減るから?

それって結局は自分たちのためだよね。
観光客本人のことは考えてない。
心構えを持って歩くのと、何にも知らないのとでは
安全性に大きく差があるのに。

何もクマがいますと宣伝する必要はない。
注意喚起するのでいい。
それなのに、情報をそのものを隠してるのは
自分勝手としか言いようがない。

製品の品質を偽ってたK製鋼と同じやり方だね。
そんな話をしながら、イベントのボランティアに
志願してくれた地元の人と歩きました。
良識ある住民はそんな感じ。
隠蔽するのはいつも組織。


# by ohtaraki2 | 2017-11-01 11:57 | ひとりごと | Comments(0)

井の中の蛙

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

# by ohtaraki2 | 2017-11-01 08:59 | お勉強

まだ?

e0295994_23043803.jpg

うちのコカモメヅル。
葉っぱが黄色くなってきたけど、まだ
実は裂けそうにない。
タネが見たいなあ。。。。


# by ohtaraki2 | 2017-10-31 23:04 | ひとりごと | Comments(0)