研究者のはしっこ ohtaraki2.exblog.jp

偽善者

世の中、すぐ人工的に増やして放せばいいって話になる。
ホタルも、アサリも、アユも、山野草も、そしてキジも。

実際に数が減っているのだとしたら、
なぜ減っているか原因を探り、減らない環境を作ることが先。

生息・生育に適した環境がまだ残っているところに、
または自然には生息できないところに、
人工的に増やしたものを放して個体数確保だなんて。
なんて短絡的。

子どもに放流・植栽・放鳥させて、それを美談として
取り上げたニュースを見るのって、もううんざり。
何も知らない幼稚園児とか、オトナの思惑の中に巻き込むなよ〜
偽善者。



by ohtaraki2 | 2018-06-10 20:37 | ひとりごと | Comments(0)