研究者のはしっこ ohtaraki2.exblog.jp

雲なし!

e0295994_00132049.jpg

めちゃくちゃ晴れた空。
でも強めに吹く風はとても涼しい。
職場も窓を開け放って、エアコンなし。
もう秋か?!

今日も来館者対応たくさん。
でもミッションもひとつだけ進んだ。
明日から2日間、仕事関係のことできないのがイタイ。


# by ohtaraki2 | 2018-08-17 23:13 | ひとりごと | Comments(0)

8月後半戦

そろそろ自由研究を目的とした質問が増える頃。
来館者も多し。席に座っててもなかなか落ち着かない。

野外には出ないと思っていたこの2日だけど
むしろ野外に出た方が自分のことに専念できるかも(笑)

この土日は実家の用事。パソコンは置いていくかな〜。
来週以降は研修対応と洞窟内での調査のお手伝いでほぼ毎日つまってる。
明日を過ぎたら、次に落ち着くのは9月に入ってからか。。。
やばい、ミッションがどんどん後ろの方に押しやられてる。。。


# by ohtaraki2 | 2018-08-16 21:43 | ひとりごと | Comments(0)

根っこで覆われてるし

e0295994_09071909.jpg

フウランも元気そうで。
この根っこが着生先のカキノキの中に
入ってないとは到底思えない。

着生植物、ほんとに寄生してないのかぁ〜??(´⊙ω⊙`)


# by ohtaraki2 | 2018-08-15 09:07 | ひとりごと | Comments(0)

付加体の証拠

和歌山県由良町白崎海洋公園。
ペルム紀の化石が見られる石灰岩。
露天掘りの採掘場跡を公園にしたところ。

e0295994_15541625.jpg

e0295994_15545033.jpg

真っ白の石灰岩がほんとまぶしい。
秋吉台と同じように海山上のサンゴ礁でできているなら、
炭酸カルシウムの含有率は高いから、この白さも納得。

おもしろいのは石灰岩と接する茶色い岩石もあること。

e0295994_15581511.jpg

これはいったい??
帰ってから調べてみた。

この一帯は中紀層群と呼ばれる地層の中に、
石灰岩の大きな岩塊が埋まっているらしい。
石灰岩からはペルム紀のフズリナやウミユリが、
中紀層群からは中生代ジュラ紀後期の放散虫がみつかるということで、
石灰岩の周りには一億年近くも新しい地層があるってことになるらしい。

このマトリックス状態をオリストストロームというそうな。
正確には周囲の地層よりも古い外来の岩塊や地層の塊という定義。
これは海洋プレートに乗ってやってきたものが
日本列島に付加する際に混じり込んだものということ。
ここでは石灰岩オリストリスとして報告されてる。


そのオリストリスはこの一帯にあるそう。
例えばこんな島とか、

e0295994_22231873.jpeg

斜面にポツポツ石灰岩が露出してる斜面も
詳しくみれば構造がわかるのかな。

e0295994_22322041.jpeg

白崎は化石がある以上に面白いところだった。
公園の真ん中にある山も、採掘し尽くされて
実は中は空洞っていうのもシュール( ̄▽ ̄)

e0295994_22285383.jpeg


うーん。また行きたいな。

e0295994_22293601.jpeg


# by ohtaraki2 | 2018-08-14 15:43 | お勉強 | Comments(0)

ハマボウ自生地

e0295994_15334061.jpg

汽水域に生育するハマボウ。
近畿では自生は和歌山県に限られるというので
去年目星をつけていた自生地の看板がある辺りへ。

いい感じの河口。
日高川ではなく下流で合流する王子川。
この水辺の低木は殆どがハマボウみたい。
残念ながらはなは終わり。実がいっぱいついてた。

e0295994_15375383.jpg

e0295994_15383440.jpg

川に沿って走る国道にも枝が張り出してきてる。
きっときれいだろうな。
もう少し早い時期に来られるといいなぁ(*´ω`*)

# by ohtaraki2 | 2018-08-14 15:31 | お勉強 | Comments(0)