人気ブログランキング |

研究者のはしっこ ohtaraki2.exblog.jp

カテゴリ:お勉強( 188 )

学会終了

学会終了。
地区会はいろんな発表が聞けるから刺激的。
幹事を代わったらまた行かなくなるだろうけど。

一番安心したのは優秀者の審査。
他の審査員と違う結果出してたらどうしようと毎回ヒヤヒヤ。
結局はほとんど同じなんだけど。

懇親会で話した学生さんや、古株の先生方も
大きな学会では話す機会がない人たち。
これはこれで結構満足。


by ohtaraki2 | 2019-05-12 23:38 | お勉強 | Comments(0)

遠出

e0295994_22155572.jpg

お隣の県の山。
子供を送るついでに一緒に登ってきた。
いろいろ見られて楽しかったあ。


by ohtaraki2 | 2019-05-05 22:15 | お勉強 | Comments(0)

ガイド重要!

e0295994_20201352.jpg

職員さんに案内していただいた小豆原埋没林。

e0295994_20201671.jpg

帰りに急ぎ足で立ち寄った石見銀山世界遺産センター。

どちらもガイドなしでは楽しめない。
改めて、ガイドの重要性と
自分を振り返って責務の重さを認識。
曲がりなりにも専門家としてがんばらないと。

依頼された業務も完了、2日間の出張も終わり。


by ohtaraki2 | 2019-04-24 20:19 | お勉強 | Comments(0)

たたら製鉄、再認識

たたら製鉄のこと、いろいろ勘違いしてました。
知らなかったことも多いのに、思い込みで想像してたなあ。反省。

萩市の世界遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産」。
その中でも気になっていた「大板山たたら製鉄遺跡」。
(旧福栄村の紫福地域。阿武火山群の黒ボク土の分布地としても気になる。。。)
別件で近くを通って、ちょっと無理して寄ってみた。
(寄った甲斐がありました!)

せっかくなのでとガイドさんに説明してもらいました。
(てか、ここは説明がないとわからない。絶対ガイドさん必要!!)

e0295994_13321654.jpg
景観復元のイメージ画がみられたり、いま目の前にないものを
見せる工夫にテンション上がりました!

e0295994_13322329.jpg
想像していたのと違った点。

・ここは砂鉄を運んできて製鉄していただけの場所であること
・製鉄には原料である砂鉄が採れることよりも、製鉄の作業に適した空間であるか
 が重要だったこと

  ① 中心部からは離れているが離れすぎていないこと
   (物資の運搬、秘密保持のため、など)
  ② 燃料とする木がたくさんあり、それが使えること
   (炭焼きができる、薪にできる、およびそれを可能にする森林の所有形態があること)
  ③ 水があること
  ④ 居住できること

鉄穴(かんな)流しのイメージが強かったので、てっきりここでも
砂鉄の採取から製鉄までを全部やっているのかと思ってました。
そうじゃなかった!!

砂鉄はかさばらないし、重いものであっても海運で運べば結構大丈夫らしい。
それよりも軽いけどかさばる炭や薪を保管する場所が必要であったそうで。
それらの木質資源を入手できる山も近くないといけない。
陸路の運搬はもっぱら馬だから、適度な山道で。

そう考えると、山口県内の低めの山並み、耕地がたくさんある土地柄は
結構よかったかも。

先日登った花尾山の長門市側のコースに「鈩コース」という名前がついていたけど
川も細いし、地質は花崗岩じゃないしと思っていた謎の答えがここにあった!
向こうも材料は島根から運んでたに違いない!
そしてやたら巨大な炭窯跡がたくさんあったのも、たたらのための燃料を得るためか!?

e0295994_14004952.jpg


なにやら、たたら製鉄に関する興味ががぜんわいてきた。
今度は島根の出雲地方にでも行ってくるか。
http://tetsunomichi.gr.jp/history-and-tradition/tatara-outline/part-4/

by ohtaraki2 | 2019-04-21 13:57 | お勉強 | Comments(0)
正解はたくさんある。不正解をひかなければいい。

この人のお話しはめちゃ共感する。
この記事あとで最後まで読む。
メモメモ。




by ohtaraki2 | 2019-04-16 07:20 | お勉強 | Comments(0)

お勉強の日

e0295994_02195762.jpg

先日見つけた化石いっぱいの石灰岩。
表面をきれいにして化石鑑定の練習。
フズリナ、サンゴ、ウミユリ、ケーテテス、石灰藻。

この石たちは、よほどのことがない限り
用が済めばまたもとの場所に返します。
なんせ特別天然記念物ですから、岩石の採取には
何種類かの許可申請が必要です。

あとは、生石灰のことや
石灰岩地帯でも土が酸性になること、
台上や洞窟の中の火山灰の話など、
文献読むのと、議論や質問なんかで1日終わり。

だいぶ理解は進んだけど、やっぱり学問は
一朝一夕にはならず。

で、また取材のお世話も頼まれて。
長期戦になりそうな予感も。
でも昨日、もー消してくれーっていうインタビュー動画が
テレビ局の番組ホームページで公開されてるのを見てがっくりしてたから、
裏方でいさせてくれるなら、いくらでもお世話しまっせ〜〜って心持ち。

テレビに出たい人はほかにたくさんいるから、
私はカンベンして〜〜(~_~;)


by ohtaraki2 | 2019-01-31 23:19 | お勉強 | Comments(0)

石の詰め合わせ(o^^o)

e0295994_19311601.jpg

講演会ついでにサラッと展示を拝見。
そしてTwitterでみて欲しかった、山口の石セットも手に入れた!

e0295994_19311950.jpg

この詰め合わせ感がたまらん〜〜(*≧∀≦*)
なんか別の楽しみがくっついてきてる感じ。
やられたなぁ

e0295994_19312213.jpg

うーん。うれしい。
これはこのままタカラモノ。


by ohtaraki2 | 2019-01-27 19:30 | お勉強 | Comments(0)

赤ーい土

e0295994_07045501.jpg

赤ーい土。
白い石灰岩とのコントラストが美しい。

この土のことが詳しく知りたくて。
県内外の研究者の方々にはずいぶんお世話になってる。

土そのものの性質、でき方、もとの材料。
土の中に含まれるミネラル、山焼きの炭、腐植。
いろんなものの分析ができて、いろんな話につながる。

地上にある、なにもかもの土台ってことだよなあ。
だって石灰岩のむき出しの岩の上では生き物はほとんど暮らせないものね。
岩の上に土が載ってるから、いろんな生き物がすめる。
人も生活できる。

この土のことについて、今年(来年度)は2つのシンポジウムが計画されてる。
ひとつは専門家向け。
もうひとつは一般のひとにも聞いてほしい。

いいものになるようにがんばりたいな〜〜



by ohtaraki2 | 2019-01-12 07:04 | お勉強 | Comments(0)

教育効果

e0295994_19520667.jpg

あったかかった。
外は18度以上。まるで春のよう。

今日は洞窟の中の方が寒かった。
洞窟内の気温は11度、12度だったようで。

それでもコウモリはたくさんいてよかった。
そんで、いつも外部の人連れてく時には
ライトに赤いセロファンかぶせるのだけれど
今日はみんなすっかり忘れてたの図。

ライトの色を変えるのは気休めかもしれないけど、
生きものに配慮するとか、生きものの生活を想像するとか
そういう教育効果はあると思うので、
次は忘れないようにしよう。




by ohtaraki2 | 2018-11-27 19:51 | お勉強 | Comments(0)

イベントはこれで一段落

e0295994_16320088.jpg

本日のウォークイベントの歩数は21000歩。
いろいろ勉強になったのと、豚汁とお茶が美味しかった!

でもね、お金払って参加者してんのに、
いくら秋吉台通るからってガイドはしませんって!( ^ω^ )


by ohtaraki2 | 2018-11-25 16:31 | お勉強 | Comments(0)